ヤバスタ工房について/ハンドメイドシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー、輸入雑貨のヤバスタ工房

HOME > ヤバスタ工房について

ヤバスタ工房について

ヤバスタ工房について

ヤバスタ工房について

2010年、4年半の修業を経て、
思い入れがある生まれ育った土地、寒川にヤバスタ工房をオープンしました。

「ヤバスタ」とは、「もうたくさんだ」という意味の、メキシコのスラングです。
現在世の中にある多くのものは、決められたデザインを
決められた値段の中から選ぶスタイルがほとんどですが、
ヤバスタ工房では、世界に一つ、世の中に同じものがない
あなただけのアクセサリーをご提案できればと考えております。

お客様と共に、世界に一つだけのアクセサリーを創り上げ、
これからの物語を一緒に歩んでいければと願っております。



ヤバスタのこだわり

ヤバスタのこだわり

ヤバスタ工房のアクセサリーは、すべて地金から作られた、手作りアクセサリーです。
一つの地金を叩き、溶かし、削りながら、丁寧に制作していきます。
創作するにあたって、必ず入念な話し合いの後、制作を開始いたします。
彫金を施す「タガネ打ち」には正確さが求められ、一度の失敗も許されません。
一打一打、丁寧に確認をしながら心を込めて彫り込んでいきます。
そのため、出来上がった作品はやさしさを感じる
ハンドメイドならではの仕上がりになっています。

創り手である私たちは、日々数多くの作品を制作しておりますが、
お客様にとってはかけがえのないたった一つの作品です。
その一つ一つと真剣に向き合って制作する。
その気持ちを強く持ち続けることで、お客様と一つになれると信じ、
日々創作させていただいております。



創作について

創作について

ヤバスタ工房では、
お客様とのコミュニケーションなしでアクセサリーを創作することはいたしません。
ご来店、お電話、メールなど、どんな方法であっても
オンリーワンを創作するために全力を尽くします。
そして、ご要望と創作する作品に応じて、素材の見極めを行います。
お客様との対話から生まれるオンリーワンアクセサリーは、
お客様と共に過ごしていくことでより深い表情へと経年変化していきます。
優しさや温もりを感じ、永く身に着けて頂けるアイテムにするために、
創作時の話し合う時間が不可欠であると考えております。



私たちが作っています

ヤバスタスタッフ

シルバーレザー担当
彫金師 ヤバスタ

ヤバスタスタッフ2

レザー専門
革職人 礼彩

ヤバスタスタッフ3

レザー担当
スタッフ 新屋